FC2ブログ

REGZAで使っているハードディスクのデフラグ

REGZA 26R9000に録画用としてUSB接続しているハードディスクの動作がまったりしてきたので、以下の手順でデフラグ(最適化)を行いました。その結果、フラグメンテションが94.69%から0.38%と劇的に改善し、REGZAでの録画番組の操作もサクサク動作するようになりました。以下、そのときの覚え書きです。



 



* xfsファイルシステムを扱うことのできるLinuxなどのOSが必要です(今回はKNOPPIXを使用)



 



準備:



① USB端子およびブート可能なDVD-ROM(CD-ROM)ドライブを搭載したパソコン



② KNOPPIX 6.7.1 DVD 日本語版(KNOPPIX 6.7.1 CD 日本語版)をあらかじめ焼いておく



③ DVD-ROM(CD-ROM)からKNOPPIXを起動する



④ REGZAからハードディスクを外し、パソコンに接続する



⑤ ハードディスクをマウントし、書き込みモードにする



⑥ 管理者権限(rootまたはsudo)で以下のコマンドを実行する



 



* 以下、Linux上のハードディスクのバイス名を/dev/sdb1とする



 



フラグメンテションの確認:



# xfs_db -c frag -r /dev/sdb1


 



デフラグの実行:



# xfs_fsr /dev/sdb1


結構時間がかかるので気長に待ってください(デフォルトで2時間)



私の環境では1.5GBのハードディスクで1時間半ぐらいかかりました



 



フラグメンテションの確認:



# xfs_db -c frag -r /dev/sdb1


フラグメンテションの値が下がっていることを確認してください



不十分な場合はもう一度デフラグを実行してください



 



ハードディスクのリペア:



# xfs_repair -Lv /dev/sdb1


デフラグを実行するとREGZAでハードディスクを認識しなく場合があります



上記のコマンドを実行してみてください(何らかの原因で認識しなくなった場合にも有効)



 



補足:



上記は以下のページを参考に作成いたしました



Linux でハードディスクをデフラグ(XFS)



「HDD認識しない」パソコンでレグザUSBハードディスクを復旧・修復



バックアップや大容量ハードディスクに移行する場合は以下のページを参照してください



REGZA USB外付けHDD 録画番組丸ごとコピー完全マニュアル

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

henozi1080

Author:henozi1080
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR